blog

宅地建物取引士とは?

おはようございます。

大阪市中央区で綿谷行政書士法務事務所を経営しています綿谷です。

何故、6月は祝日がないのか…?謎です。

さて、宅地建物取引士ということですが、宅建の資格もとうとう士業の仲間入りを果たしました。

今後は試験も難しくなってくるのですかね。。。?

民法が改正される前に合格しないと!

そもそも士業になりましたが、取引士ができることはなんなのでしょうか?

それは3つあります。

①重要事項の説明

②重要事項説明書への記名押印

③37条書面への記名押印

です。

これは取引士でなければできません。

行政書士でいう許認可業務みたいなものですね。

これから不動産業界に進出するという法人様、個人様はこの取引士の存在が非常に重要になってきます。

なぜなら、事務所ごとに従業員の5名に1人以上の割合で専任の成年者である取引士をおかなければならないからです。

5名に1人以上。つまり6名なら2人の取引士が必要になります。

しかも重要なのが「専任」ということです。言い換えると常勤性が必要になります。他の事務所と掛け持ちはできません。

これは建設業許可における経営業務の管理責任者専任技術者と同じです。

よく不動産屋に就職するのに、宅建資格は有利だといわれる理由はここにあると思います。

宅地建物を取引することを業とするには取引士、そして宅建業の免許が必要になります。

宅地建物を取引することを業とするとは、簡単にまとめると不動産屋です。

これから、不動産関係の仕事を始めようと考えている方は

取引士宅建業の免許

この2つが必要になりますので、ご注意を!

このことを規定しているのが宅地建物取引業法です。宅建試験でも出題される箇所ですね。

綿谷行政書士法務事務所では、建設業許可申請はもちろん、宅建業免許申請についても「わかりやすく」「親切」「丁寧」にサポートさせて頂きます。是非一度、ご相談ください。

次回は宅地建物取引業法について少し書いていこうと思います。

ワンクリックで応援して頂けると嬉しいです↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

建設業許可、相続手続き離婚協議書作成はお任せ下さい!

綿谷行政書士法務事務所

所在地:大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル3階

Tell:06-6809-2755

HP:watatani-houmu.com
 

関連記事

最近の記事

  1. 「帰化する」とはどういう意味?

  2. 国籍証明書とは?中国人の方が帰化する時に必要な書類の1つ

  3. 帰化申請にかかる費用について色々考えてみました。

  4. 帰化したいけど、帰化とは何か?を知らない方へ、帰化申請の方法を紹介します

  5. 建設業許可に必要な専任技術者一覧表について解説