blog

安保関連法案、集団的自衛権について

おはようございます。

大阪市中央区で綿谷行政書士法務事務所を経営しています綿谷です。

日常の法務問題について書いてきましたが、今回は今ニュースでも話題になっている安保法案、集団的自衛権について書きたいと思います。

現在国会では安保関連法案についての議論が行われています。

これは簡単にまとめますと、集団的自衛権の限定行使などを可能にしよう!という法案です。

これが良いか悪いかは私には正直わかりませんが、今までの日本は憲法9条により集団的自衛権が否定されていました。少し前に安倍首相が解釈を変更していますが。。。

憲法9条には

1項 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2項 陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権はこれを認めない。

と規定されています。

1項を根拠に侵略戦争を放棄

2項を根拠に自衛戦争を放棄

と考えられています。

このようなことから日本は北大西洋条約機構にも入っていませんよね。

集団的自衛権とはアメリカ等の同盟国が攻撃を受けた場合、日本は関係なくても攻撃が出来るようになるということです。

たしかに過去と現在とでは時代も違い必要なことかもしれません。

しかし、武力をもたないからこそ他国に攻撃されないということも考えられます。

本当に難しい問題だと思います。

憲法学者の多数の方は、この安保関連法案が憲法9条に違反しているという考えを示しているのは、上記憲法の考えが根底にあります。

今後どのように流れていくのか、しっかり見ていこうと思います。

すこし、固いお話でしたが次回からはしばらく、日常の法務問題について引き続き書いていきます!

綿谷行政書士法務事務所では日常の法務問題に対しても「わかりやすく」「親切」「丁寧」にサポートさせて頂きますので、一度ご相談ください!

ワンクリックで応援して頂けると嬉しいです↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

建設業許可、相続手続き離婚協議書作成はお任せ下さい!

綿谷行政書士法務事務所

所在地:大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル3階

Tell:06-6809-2755

HP:watatani-houmu.com

 

関連記事

最近の記事

  1. 大阪で建設業許可(知事)申請を新規でする方に役立つエントリー

  2. 実務経験で建設業許可を複数業種を取得する方法について(一人親方の場合)

  3. 建設業許可の健康保険等の加入状況の書き方について解説

  4. 一軒家で民泊許可を取得する時の消防設備に関するポイントについて解説

  5. 経営業務の管理責任者(常勤役員等)の略歴書の書き方や記入例を解説