blog

建設業許可申請について考える

こんばんは。
大阪市中央区で綿谷行政書士法務事務所を経営しています綿谷です。
シルバーウィーク皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、本日は建設業許可申請についてお話したいと思います。

下請業者が建設業許可が必要になる場合は
1件の請負代金が500万円以上の工事を行う場合は許可が必要になってきます。

この許可を受けずに上記工事を行った場合、無許可営業として罰せられることになり、
3年以下の懲役または300万円以下の罰金に処せられることになります。

つまり、下請業者は500万円以下の工事を行う場合は許可を取得しなくても、問題はありません。

しかし、最近は
500万円未満の工事を行う場合でも信頼性の観点から元請け業者から、許可取得を要請されることが多くなってきています。
また、許可を取得しておくことで、金融機関からも融資を受けやすくなるというメリットもあります。

建設業の許可を取得することで信頼性のアップにもつながりますので、一度ご検討してみてはどうでしょうか?

綿谷行政書士法務事務所では、建設業許可申請はもちろん、相続手続、離婚協議書作成、創業融資手続などの法務問題についても
「わかりやすく」「親切」「丁寧」のサポートさせて頂きます。是非一度お気軽にご相談ください!

行政書士試験専門の家庭教師はこちらから↓
行政書士試験専門の家庭教師

行政書士家庭教師ブログ↓(現在日本ブログ村家庭教師ランキング1位です!)
行政書士家庭教師合格法

ワンクリックで応援して頂けると嬉しいです↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

建設業許可、相続手続き離婚協議書作成はお任せ下さい!

綿谷行政書士法務事務所

所在地:大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル3階

Tell:06-6809-2755

HP:watatani-houmu.com

関連記事

最近の記事

  1. 大阪で建設業許可(知事)申請を新規でする方に役立つエントリー

  2. 帰化申請にかかる費用について色々考えてみました。

  3. 就労ビザの外国人の方が結婚した場合に配偶者ビザ変更するべきか解説

  4. 在留カードに漢字の氏名を表記する方法について解説

  5. 永住権における身元保証人の提出書類の変更について