blog

建設業許可 大臣、知事許可

おはようございます。
大阪市中央区で綿谷行政書士法務事務所を経営しています綿谷です。
昨日は気づいたら寝ていました。相当疲れていたのか…?

さて、本日は建設業許可申請において、大臣に許可をもらうか、知事に許可をもらうかの、違いについてお話していきます。

大臣許可が必要な場合は
大臣許可
「2つ以上の都道府県」の区域内に「営業所」を設けて建設業を営業する場合
例えば
大阪と東京に営業所を設ける場合は大臣許可になります。
※大阪に2カ所営業所を設ける場合は、知事許可になります。(2つ以上の都道府県の場合が大臣許可です。)

知事許可が必要な場合は
知事許可
「1つの都道府県」の区域内に「営業所」を設けて建設業を営業する場合
例えば
大阪に2カ所設置しても知事許可になります。

許可を取得する場合は、大臣許可なのか知事許可なのかを検討する必要があります。
大臣か知事かで、必要な手続も変わってくるので、注意してください。

綿谷行政書士法務事務所では、建設業許可申請はもちろん、相続手続、離婚協議書作成、創業融資手続などの法務問題についても
「わかりやすく」「親切」「丁寧」のサポートさせて頂きます。是非一度お気軽にご相談ください!

行政書士試験専門の家庭教師はこちらから↓
行政書士試験専門の家庭教師

行政書士家庭教師ブログ↓(現在日本ブログ村家庭教師ランキング1位です!)
行政書士家庭教師合格法

ワンクリックで応援して頂けると嬉しいです↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

建設業許可、相続手続き離婚協議書作成はお任せ下さい!

綿谷行政書士法務事務所

所在地:大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル3階

Tell:06-6809-2755

HP:watatani-houmu.com

関連記事

最近の記事

  1. 「帰化する」とはどういう意味?

  2. 国籍証明書とは?中国人の方が帰化する時に必要な書類の1つ

  3. 帰化申請にかかる費用について色々考えてみました。

  4. 帰化したいけど、帰化とは何か?を知らない方へ、帰化申請の方法を紹介します

  5. 建設業許可に必要な専任技術者一覧表について解説