blog

注意!古物商の許可にも種類があります。

おはようございます。
大阪市中央区で綿谷行政書士法務事務所を経営しています綿谷です。
体調も元に戻り、完全復活しました。健康のありがたさを実感しました。

さて、最近個人事業でも中古品のリサイクルショップを始める方が、増えてきています。
もちろん古物商の許可が必要なのですが、
古物商の許可を取る前に、自身の古物における許可の種類と確認しなければいけません。

古物商許可の種類は
美術品
衣類
時計、宝飾品
自動車
自動二輪車、原動機付自転車
自転車類
写真機類
事務機器類
機械工具類
道具類
皮革・ゴム製品類
書籍
金券類
に大きく分かれています。
複数の許可を取得することも可能ですが、
実際に古物商として扱わない品目を取得すると、許可取り消しの対象となってしまいますので注意が必要です。

リサイクルショップ等を始めるときは、まずは自身の事業の古物における種類を確認しましょう!

綿谷行政書士法務事務所では帰化申請はもちろん、相続手続、離婚協議書の作成、古物商許可などの各種許認可申請も「わかりやすく」「親切」「丁寧」にサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください!

行政書士試験専門の家庭教師はこちらから↓
行政書士試験専門の家庭教師

行政書士家庭教師ブログ↓(現在日本ブログ村家庭教師ランキング1位です!)
行政書士家庭教師合格法

ワンクリックで応援して頂けると嬉しいです↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

建設業許可、相続手続き離婚協議書作成はお任せ下さい!

綿谷行政書士法務事務所

所在地:大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル3階

Tell:06-6809-2755

HP:watatani-houmu.com

関連記事

最近の記事

  1. 大阪で建設業許可(知事)申請を新規でする方に役立つエントリー

  2. 帰化申請にかかる費用について色々考えてみました。

  3. 就労ビザの外国人の方が結婚した場合に配偶者ビザ変更するべきか解説

  4. 在留カードに漢字の氏名を表記する方法について解説

  5. 永住権における身元保証人の提出書類の変更について