blog

著作権の登録はお済みですか?

こんにちは。
大阪市中央区で綿谷行政書士法務事務所を経営しています綿谷です。
体調も完全回復しました。きょうからバリバリやっていきます。

さて、著作権の登録はお済みですか?ということですが、
著作権は原則として、創作すると同時に発生する無方式主義というものが採用されています。
つまり、原則は作った瞬間に創作者に著作権が帰属します。

では、なぜ著作権の登録が必要なのでしょうか?
例えば、あなたが匿名(変名)で小説を作成しネットで公表しました。その小説がまさかの大ヒットを記録し、映画化が決定されました。しかし、別人が私が作者であると名乗り出てきました。しかし、あなたは作成したファイルを削除し、更新するためのパスワード等も忘れてしまい、自身が作者であると証明が出来ない状態です。この状態であなたが「私が作者だ」と主張したところで誰も信じてくれません。
まぁ、上記のような事例は中々まれなことですが、著作権を登録しておくことで不測の事態に備えることができます。

著作権の登録は色々ありますが、例をあげると
①実名の登録
著作物の発表は、変名や匿名でしてもよいことになっています。(漫画などではペンネームなど)
著作権の保護期間は原則、著作者の死後50年とされていますが、
この変名、匿名で発表され著作者が特定できない場合は発表後50年と保護期間に違いが生じてきます。
このようなことにならないために、実名の登録をします。これは、氏名表示権を行使して匿名または変名で公表した著作物の著作者の実名を文化庁に登録する手続きです。これによって、世間的には匿名または変名で公表されたことになっていても知的財産権的には著作者が明らかな状態になります。

②創作年月日の登録
著作権侵害の事例で、侵害しているかいないかの根拠の一つになるのが「いつ著作物が作られたか」ということです。例えば、Aという著作物を侵害しているとされるBという著作物が2000年4月に作られていたとした場合、Aの著作物は2000年4月以前に公表されていたことを証明しなければなりません。「創作年月日の登録」は、こういった事例に際しての有効な証明手段となる手続きになります。しかし、創作年月日の登録は創作後6ヵ月以内でないと登録できないので注意が必要です。

などなどプログラムの著作物の登録などの方法もあるので、事後の紛争をさけるため、また自身の著作権を守るため著作権の登録をお勧めします。

綿谷行政書士法務事務所では著作権の登録や帰化申請はもちろん、相続手続、離婚協議書の作成、古物商許可などの各種許認可申請も「わかりやすく」「親切」「丁寧」にサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください!

行政書士試験専門の家庭教師はこちらから↓
行政書士試験専門の家庭教師

行政書士家庭教師ブログ↓(現在日本ブログ村家庭教師ランキング1位です!)
行政書士家庭教師合格法

ワンクリックで応援して頂けると嬉しいです↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

建設業許可、相続手続き離婚協議書作成はお任せ下さい!

綿谷行政書士法務事務所

所在地:大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル3階

Tell:06-6809-2755

HP:watatani-houmu.com

関連記事

最近の記事

  1. 「帰化する」とはどういう意味?

  2. 国籍証明書とは?中国人の方が帰化する時に必要な書類の1つ

  3. 帰化申請にかかる費用について色々考えてみました。

  4. 帰化したいけど、帰化とは何か?を知らない方へ、帰化申請の方法を紹介します

  5. 建設業許可に必要な専任技術者一覧表について解説