blog

行政書士で生きるということ

おはようございます。
大阪市中央区で綿谷行政書士法務事務所を経営しています綿谷です。
補助金についてわかりやすく説明できるようにパワーポイント作成を頑張っています。

さて、行政書士で生きていくということですが
資格は道具であり、使う人がどのようにその資格を使っていくのかが大切である。
と、私が行政書士試験の受験生の時に通っていた先生が言っていました。
自分自身が行政書士として開業して、この言葉の意味が少しずつ理解することができるようになってきました。

法律は使う人によっては、人を傷つける武器にもなりますし、
その逆で、守ることもできるものです。
使い方一つでその人の人生を決めてしまうことがあるくらい、重大な選択を迫られることもあります。

私の行政書士としての理念はHPのプロフィールに書いているように
「あなたの街の身近な法律家となり、1人1人の権利を守り、自己実現の達成をお手伝いする」というものです

この理念を叶えるために、やらなければいけないことをしっかり考えて行動に移していく必要があると考えています。
責任ももちろん生まれますが、法務の専門家として守る側で依頼者のサポートをすることが、とてもやりがいのある仕事だと常々感じます。
どの職種でもそうですが、やはり明確な理念を持つこと
そして、どうすれば良いか迷ったときはその理念に基づいて行動してみること、これが大事なことなのかなと最近ふと思いました。

これから行政書士試験までのこり5ヶ月を切りました。この時期が一番受験生時代にきつかった思い出があります。
行政書士試験に合格して、行政書士としてやっていけるかな?と不安を抱えている受験生の方も沢山いてると思います。
大丈夫です。本気で勉強に打ち込んでいれば、誰かが必ず見てくれています。まずは、本気でやってみる。

そうすれば必ず力になってくれる仲間ができます。これは本気でやっている人に限られますが。

また、
行政書士試験は実務には関係がないと良く言われていますが、そんなことはありません。
憲法、民法、行政法、商法、政治経済社会などは行政書士として生きていく上で最低限の知識です。(もちろん合格してからの方が勉強をする必要がありますが)
行政書士として生きていく為に、まずはこの行政書士試験という試練を乗り切ってください。

何か偉そうに話してしまいました。。。
話がまとまらず、脈絡もグダグダになりましたが。。。笑
結論は行政書士の仕事はとてもやりがいがあるということです!笑

綿谷行政書士法務事務所では、依頼者様の権利利益も守るため「わかりやすく」「親切」「丁寧」に法務問題についてサポートさせて頂きますのでお気軽にご相談ください!

ワンクリックで応援して頂けると嬉しいです↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

建設業許可、相続手続き離婚協議書作成はお任せ下さい!

綿谷行政書士法務事務所

所在地:大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル3階

Tell:06-6809-2755

HP:watatani-houmu.com

関連記事

最近の記事

  1. 大阪で建設業許可(知事)申請を新規でする方に役立つエントリー

  2. 実務経験で建設業許可を複数業種を取得する方法について(一人親方の場合)

  3. 建設業許可の健康保険等の加入状況の書き方について解説

  4. 一軒家で民泊許可を取得する時の消防設備に関するポイントについて解説

  5. 経営業務の管理責任者(常勤役員等)の略歴書の書き方や記入例を解説