blog

行政書士試験の家庭教師

pixta_2878066_S

行政書士試験に合格するためには。
個別で講義をすることが可能な行政書士試験の家庭教師をお勧めします。
年々難化傾向にある行政書士試験において、効率よく学習を進めていくには、集団講義、通信講義より家庭教師です。今回は行政書士試験において家庭教師で学習するメリットなどについて書いていきたいと思います。

家庭教師のメリットは?

1、学習計画を自由に設計することができる

初学者の方から再受験生の方まで、その方に合わせた計画を立案し、実行に移すことが可能です。
また、講義のペースもその方に合わせて進めていくことが可能です。

2、質問がその場ですることが可能

個別で講義を行いますので、わからないところがあればその場ですぐに質問をすることが可能です。ですので、効率よく学習を進めていくことが可能です。

3、弱点や苦手箇所の発見がすぐにできる

個別講義なのでその場で弱点や苦手箇所の発見が可能になり、その場で修正することが可能です。弱点をそのままになることがありません。

講義以外の時間にも対応

講義以外で質問があれば、メールでしっかりとお答え致します。講義以外でも安心して自主勉強を進めることが可能になります。

合格後の相談にも対応します

行使が行政書士事務所の代表なので、合格後の相談にも対応します。合格後、開業するにあたっての質問や、開業後の実務の相談にもしっかり対応致します。

元学習塾の教室長

代表が元学習塾の教室長なので、わかりやすく講義を行います。納得するまでしっかりとお話しさせて頂きます。

行政書士試験の家庭教師には上記のメリットがあります。

どのような講座があるのか?

第1位、綿谷流基礎力向上合格講座6ヶ月コース

初学者から再受験生まで対応のコースとなっています。
1講義2時間(月8回)×6ヶ月=96時間
民法33時間、行政法33時間、一般知識10時間、憲法12時間、商法6時間、記述式対策2時間

第2位、綿谷流主要科目攻略講座3ヶ月コース

主要科目である(民法、行政法、一般知識)を中心とするコースです。
1講義2時間(月8回)×3ヶ月=48時間
民法20時間、行政法20時間、一般知識6時間、記述式対策2時間

第3位、綿谷流オーダーメイドプラン1ヶ月コース

苦手科目だけを克服した受験生にお勧めのコースです。講義科目は相談して決定していきます。
1講義2時間(月4回)×1ヶ月=8時間

お問い合わせ先は?

お問い合わせは、詳しい内容は以下のサイトからご覧下さい。
行政書士試験専門の家庭教師事業

まとめ

行政書士試験に効率よく合格するためには家庭教師の形態で学習することをお勧めします。
行政書士は合格後、士業として開業できる資格です。また、扱える業務は数万種類ともいわれている、可能性がまだまだある資格でもあります。
行政書士試験合格を目指して学習するのに、家庭教師はどうでしょうか?

関連記事

最近の記事

  1. 「帰化する」とはどういう意味?

  2. 国籍証明書とは?中国人の方が帰化する時に必要な書類の1つ

  3. 帰化申請にかかる費用について色々考えてみました。

  4. 帰化したいけど、帰化とは何か?を知らない方へ、帰化申請の方法を紹介します

  5. 建設業許可に必要な専任技術者一覧表について解説