blog

契約書作成の基本知識

おはようございます。
大阪市中央区で綿谷行政書士法務事務所を経営しています綿谷です。
あっという間に週末ですねー。

さて、契約書の基本知識ということですが、
そもそも契約とは?ということになります。
契約は原則、契約当事者の自由な意志によって決められます。(これを契約自由の原則といいます。)
つまり、誰と(これを相手方選択の自由といいます。)どのような内容で(これを内容決定の自由といいます。)どのような方式で(これを方式の自由といいます。)契約することも原則は自由とされています。

原則ということは例外があるのですが、この契約の自由にも一定の例外がもちろんあります。
なんでもかんでも自由に決めれるという訳ではありません。

例えば公序良俗に反する契約(麻薬の売買契約)や強行法規(特別法と呼ばれる借地借家法や消費者契約法など)に違反する内容の契約は無効になります。

原則は自由に契約の内容は決定できますが、例外もあるので契約書作成の際は気をつけなければなりません。

綿谷行政書士法務事務所では帰化申請はもちろん、契約書、離婚協議書の作成、相続手続き、建設業許可などの各種許認可申請も「わかりやすく」「親切」「丁寧」にサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください!

行政書士家庭教師ブログ↓(現在日本ブログ村家庭教師ランキング1位です!)
行政書士家庭教師合格法

ワンクリックで応援して頂けると嬉しいです↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

建設業許可、相続手続き離婚協議書作成はお任せ下さい!

綿谷行政書士法務事務所

所在地:大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル3階

Tell:06-6809-2755

HP:watatani-houmu.com

関連記事

最近の記事

  1. 大阪で建設業許可(知事)申請を新規でする方に役立つエントリー

  2. 帰化申請にかかる費用について色々考えてみました。

  3. 就労ビザの外国人の方が結婚した場合に配偶者ビザ変更するべきか解説

  4. 在留カードに漢字の氏名を表記する方法について解説

  5. 永住権における身元保証人の提出書類の変更について