帰化申請

特別永住者対象の、帰化申請完全サポートパック(韓国人)について

170921

日本に住んでいる韓国人の方の中で、特別永住者の資格を持っている方が帰化申請し、日本国籍を取得するために、綿谷行政書士法務事務所では、特別永住者対象の帰化申請完全サポートパックがあります。

今回は、

特別永住者対象の帰化申請完全サポートパックとは?
他のパックに比べて便利な点は?
他の帰化申請と比べて帰化できる条件の違いは?

について書いていきます。

特別永住者対象の帰化申請完全サポートパックとは?

特別永住者の方は帰化申請をするにあたり、帰化するための要件(条件)が緩和されています。

しかし、書類上の手続きは簡易になっているということではありません

特別永住者の方は日本に住んでいる期間が長いので、集める書類が多くなる可能性もあります。つまり、書類作成に関してのボリュームの多さは、一般の外国人とほぼ同様かそれ以上になります。

特別永住者対象の帰化申請完全サポートパックでは

この書類の作成収集全てを包括的にサポートし、効率的かつ迅速に帰化申請手続きを進めて行くことができるようにお手伝いしていきます。

他のパックに比べて便利な点は?

特別永住者対象の帰化申請完全サポートパックでは、基本的には必要書類の作成帰化申請書一式の作成は、当事務所が行います

また、日本語翻訳が必要な書類についても、当事務所で日本語に翻訳もさせて頂いております。

つまり、帰化申請者が本来行うこととなる、膨大な必要書類を法務の専門家である行政書士が代わりに集めることになるので、労力や時間の節約面で大きなメリットになります。

また、何枚もある帰化申請書類の作成を自分で取りかかる必要がなくなるので、心理的負担の軽減も期待できます。

このように帰化申請に関する手続きについては、全て包括的にサポートしていきますので、安心して帰化申請の手続きを進めていこことが可能になります。

他の帰化申請と比べて帰化できる要件(条件)の違いは?

141484

まず、普通帰化で求められている5年の住居要件が緩和されています。特別永住者の方は、日本で生まれ育っているため、原則的には日本に住所、居所を有していれば要件(条件)を満たしていることになります。

そして、一般的な外国国籍の方が帰化申請をするためには、何故日本国籍を取得したいのか?といった帰化の動機書を作成しなければなりません。しかし、特別永住者の方の場合は、この帰化の動機書を作成する必要はありません

また、最終学歴の卒業証明書の免除など帰化申請書類についても緩和されている部分もあります。

しかし、素行要件(例えば、税金や年金を払っていること、重大な交通違反や前科がないこと。)や、生計要件(一ヶ月の収支がマイナスではないか。)などは、他の外国人が帰化申請をする場合と同様に、重要なポイントになってきますので注意が必要です。

また、上述したように帰化申請の要件(条件)が緩和されてはいますが、帰化申請の事務手続き自体は簡単になるわけではありません。手続き方法は、一般の外国人の方とほとんど同様となります。

まとめ

本町の行政書士

韓国人の特別永住者の方が帰化申請を考えている場合は、特別永住者対象の帰化申請完全サポートパックがお勧めです。効率的にかつ迅速に帰化申請の手続きをサポートさせて頂きます。

綿谷行政書士法務事務所では「わかりやすく」「親切」「丁寧」に帰化申請手続きをサポートさせて頂きます。

依頼者の方が相談しやすい環境づくりにも努めています。実際、依頼者の方からも話しやすく相談しやすかったというお声も頂いておりますので、帰化申請のことは是非一度、綿谷行政書士法務事務所へご相談ください。

関連記事

最近の記事

  1. 大阪で建設業許可(知事)申請を新規でする方に役立つエントリー

  2. 帰化申請にかかる費用について色々考えてみました。

  3. 就労ビザの外国人の方が結婚した場合に配偶者ビザ変更するべきか解説

  4. 在留カードに漢字の氏名を表記する方法について解説

  5. 永住権における身元保証人の提出書類の変更について