blog

子供達は何故勉強するのか?

こんばんは。
大阪市中央区で綿谷行政書士法務事務所を経営しています綿谷です。

本日は少し私の教育論を。

学習塾の教室長をしていた時に、よく生徒に「何故勉強をしなければいけないのか?」と質問されました。

何故。するのか。答えは人それぞれありますし、人によっては学校の勉強なんかしなくても良いと言う人もいてるのも事実です。
答えがないので、難しい質問だったのですが
私自身は2つの話しをしていました。

1つは人生の選択肢を増やすため
大学に行きたいと思った時に学力が足りなければ、通うことができません。
人生において学力が全てじゃないのは重々承知ですが、
現実問題、日本の社会システムは卒業→就職の流れになっています。
やはりそこには、学歴という壁があるという事実もあります。
子供のころは歌手になりたいと思っていても、成長する過程で別の夢が見つかるかもしれません。
それが医者ならば医学部に通うことになります。
もちろん大人になってからでも通うこともできますが、やはり学生と呼ばれている子供のときにある程度勉強をしていれば、最短でその道にいくこともできるかもしれません。

2つ目は勉強の仕方を確立しておくということです。
子供の時は、学校でも塾でも常に先生が何かを教えてくれます。
塾に関して言えば、勉強の仕方を教えてくれます。
例えば日本史でいうと、暗記の勉強の仕方を学ぶためととらえることもできます。
子供の時に暗記が得意な子供は、それなりに効率の良い勉強の仕方を身につけています。
また、あまり勉強をしていないように見えて成績が常に上位の子供もいてます。
やはり、そのような子供も効率の良い勉強の仕方を身につけています。
子供の時は、効率の悪い方法で学習をしていれば、当然のように先生が効率の良い方法を教えてくれます。
でも、大人になると中々一から勉強の仕方まで教えてくれる先生を見つけることが難しくなります。
だからこそ、子供の時にしっかりと勉強をして身につけておく必要があると思います。

といつも話しをしていましたし、もっと過激なことも言ったこともあります。笑
でも、今でも数人プロの家庭教師として子供に勉強を教えていますが、教育者として勉強することで人生を変えるということを信念としてさせて頂いています。それは行政書士の家庭教師でも同じです。
また、私自身が経営者として事務所を経営しているので、自分で独立して生きていく醍醐味も話していくようにしています。

本日は少し熱い教育論を語ってしまいました。
人生と同じで正解がないので、難しい問いですが
最終的に楽しく生きていければなんでもいいのかな?笑
と思っております。笑
明日から月曜日頑張っていきましょう♫

綿谷行政書士法務事務所では帰化申請はもちろん、相続手続、離婚協議書の作成、建設業許可などの各種許認可申請も「わかりやすく」「親切」「丁寧」にサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください!

行政書士家庭教師ブログ↓(現在日本ブログ村家庭教師ランキング1位です!)
行政書士家庭教師合格法

ワンクリックで応援して頂けると嬉しいです↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

建設業許可、相続手続き離婚協議書作成はお任せ下さい!

綿谷行政書士法務事務所

所在地:大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル3階

Tell:06-6809-2755

HP:watatani-houmu.com

関連記事

最近の記事

  1. 在留カードに漢字の氏名を表記する方法について解説

  2. 永住権における身元保証人の提出書類の変更について

  3. 古物商許可で必要になる使用承諾書について解説

  4. 高度専門職の在留資格の外国人の方の帰化申請について

  5. 「帰化する」とはどういう意味?