blog

法定相続とは?

おはようございます。大阪市中央区で綿谷行政書士法務事務所を経営しています、綿谷です。

今日から6月ですね。1年も半分が過ぎました。皆さんは年初に立てた計画は進んでいるでしょうか?

2015年も残り半年、、、私もしっかり計画を立てて1つ1つ終わらせていきます!

さて、本日は遺言書が無い場合の相続分について書いていきます。

相続には法定相続指定相続といったように2つに分類されます。

指定相続とは遺言書などで、財産をしていすることをいいます。

遺言書についてはこちらの記事をご覧ください↓

前向きに遺言書を残しましょう!

そして法定相続とは、遺言書などので指定が無い場合に、法律で定められている相続分になります。

法定相続人には

配偶者(法律上の配偶者であり、内縁の配偶者は含みません。)

直系尊属(親などです)

兄弟姉妹

の順番で相続していきます。

例えば

配偶者とその子がいる場合の法定相続分は

配偶者1/2 子1/2になります。

配偶者と直系尊属がいる場合は

配偶者2/3 直系尊属1/3になります。

配偶者と兄弟姉妹の場合は

配偶者3/4 兄弟姉妹1/4になります。

 

もちろんこれはかなり単純にしていますので、

配偶者と子供が2人の場合は

配偶者1/2 子(一人当たり)1/4になります。

つまり相続財産が600万円の場合は

配偶者が300万円 子(一人当たり)150万円の相続になります。

 

また、最近の裁判で非嫡出子の問題が争われて

非嫡出子に関しても、原則平等になったので

上記の法定相続と同様になりました。

この辺りは、行政書士試験でも問われやすいポイントだと思われます。(憲法14条、民法の相続法のどちらでも出題しやすい所です)

 

なにやら、ややこし数字がでてきましたが、しっかりとした相続の知識があれば問題はありません!

綿谷行政書士法務事務所では、相続手続きについて「わかりやすく」「親切」「丁寧に」サポートさせて頂きますので、お気軽にご相談ください!

次回は相続欠格、排除について書いていきたいと思います!

ワンクリックで応援して頂けると嬉しいです↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

以前のブログはこちらから↓

20代行政書士の奮闘記

建設業許可、相続手続き離婚協議書作成はお任せ下さい!

綿谷行政書士法務事務所

所在地:大阪市中央区本町橋2-23第7松屋ビル3階

Tell:06-6809-2755

HP:watatani-houmu.com

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 大阪で建設業許可(知事)申請を新規でする方に役立つエントリー

  2. 帰化申請にかかる費用について色々考えてみました。

  3. 就労ビザの外国人の方が結婚した場合に配偶者ビザ変更するべきか解説

  4. 在留カードに漢字の氏名を表記する方法について解説

  5. 永住権における身元保証人の提出書類の変更について